結婚相談所の利用者

最近は、結婚願望のない男女が増えてきたようですが、やはり結婚への憧れは男女問わず持っているのです。
ただ、異性との出会いが少ない職場だったり、恋愛に対して積極的になれない性格だったりと、なかなか結婚にまで至らない人も多いようです。
こういった人たちは婚活サービスを利用することもあるようで、婚活サイトや婚活パーティーなどで異性と触れ合う機会を得ているのです。
ただ、婚活サイトや婚活パーティーは、若い人たちが多く、結婚というよりも友達を増やすといった軽い感じで参加していますから、成婚の確率も低い傾向にあります。
一方で、こういった婚活の一つに、結婚相談所への入会があります。
こちらは、入会審査があったり、入会金や年会費も発生するためかなり本気で結婚を考えている人たちが集まってきます。
このサイトではこういった結婚相談所を利用する人の特徴について紹介します。

以前の結婚相談所と言えば、モテない男性の吹き溜まりといったイメージがありました。
しかし、今は普通の人たちが多く登録していて、暗く閉ざされたマイナスのイメージはまったくありません。
男女の比率も同じくらいで、年齢的には男性は30代後半から40代前半が多く、女性は圧倒的に30代半ばが多いです。
結婚相談所を利用する男性の特徴として、収入は安定しているのですが、コミュニケーションが苦手というものが挙げられます。
ですから、仲介人のいる結婚相談所が好まれるのでしょう。
一方、女性の特徴として、看護師や保育士のように職場に異性が少なく、結婚相手が見つからないまま30代を迎えてしまった人が多いのです。
こういった女性は男性と違い、コミュニケーション能力も高く、容姿のレベルも高いようです。
ただ、女性の場合は出産という問題がありますので、30代半ばという年齢が一つの区切りとなっているようです。

結婚相談所は、相手の身元がしっかりと確認できています。
つまり信頼できる相手を紹介してくれる場なのです。
つまり、男女とも結婚への意識が高いことが最も大きな特徴と言えるのです。